≪全国対応≫葬式を営むなら葬式.net

home > お葬式について > 香典返しは葬式の当日に渡すことが多い

香典返しは葬式の当日に渡すことが多い

いただいたお香典に対してもお礼として贈る品物を香典返しといいます。
本来のお香典の意味は相互扶助にあるとされており、お互いに葬儀の費用を補い合うためのものとなっていました。ですから、本来の意味合いからすると、必ずしもお返しをしなければならないということではありません。しかし、現在はほとんどの場合お香典のお返しは行われています。
いただいた金額の半額くらいの品物をお返しするのが一般的となっています。

香典返しの品物を選ぶ際には、その品物を見るたびに故人のことを考えてしまうのは切ないということから消耗品が一般的となっていました。
タオルや石けん、お茶などの消耗品は日常の生活の中で使用することができて後に残らないからというのがその理由となっています。
しかし、最近はもらっても使わないものよりは喜んでもらえるもののほうが良いという考え方をする人も多くなっています、そのため、ブランドの紅茶や名店のお菓子など少ない量でも上質のもののほうが良いとして、それにこだわる遺族も増えているようです。デパートや進物のお店では、葬祭に関するコーナーなども設けられ、センスの良い品物がたくさん用意されています。また、最近はカタログから好きな品物を選べるようになっているカタログギフトも人気となっているようです。
香典返しは仏式でお葬式を執り行った場合には、四十九日が過ぎた頃に忌明けの挨拶文と一緒に贈るのが一般的です。表書きは黒と白の水引を印刷した不祝儀袋のかけ紙に志とするのが多くなっています。
神式のお葬式を行った場合には五十二日祭が終わった頃、キリスト教式では1か月後の命日を過ぎた頃となっています。

香典返しをする時期はどの宗教においてもそれぞれにだいたい決まっています。
しかし、最近は、お葬式の当日に品物を渡すことも多いようです。これは即日返しと言われており、お通夜、告別式どちらでも行われています。即日返しは香典帳などの整理をしなくても済みます。また品物を贈る際の配送料金もかからず、送り忘れの心配もないといった利点があります。以前に全員に同じ品物を渡すことが多かったようですが、最近はいくつかの品物が用意されていて、その中から選べることも多くなりました。ただ、その場合でも金額的には同程度の品物になってしまうことがあります。即日返しの品物は、お香典の平均を8000程度とみなし、その半額または3分の1の2000円から4000円くらいの品物が一般的です。
けれどもそれ以上の高額なお香典をいただいた場合には、忌明けに改めてその金額に見合った別の品物を贈るということもあるようです。

次の記事へ