≪全国対応≫葬式を営むなら葬式.net

home > お葬式について > 進化している新たなスタイルのお葬式の花々

進化している新たなスタイルのお葬式の花々

お葬式で遺族や親戚、故人の知人や、仕事関係者などが供える花が供花です。
現在では、生花が主流で、花環や関西ではシキミなどが使われているところもありますが、場所的制約もあって減少の傾向にあります。
以前は供花に名札をつけて祭壇の脇に並べてみたり、祭壇上に供花者の名札を立てることが一般的でした。
生花祭壇がお葬式で主流となってきた現代では、名札を立てることで祭壇のデザインが崩れる可能性がでてきます。
そのため、芳名版方式が好まれています。
受け付けた供花代を式場全体の葬花制作費用にまわすこともあり、このケースでも芳名版に名前を出すのが一般的です。
また、焼香や献花の代わりに献花台をおき、会葬者が小さなキャンドルを備えることもあります。
献花台を葬花するときには、誤って花に火が燃え移らないように万全の注意を払ってもらい、会葬者に安全面で不安を抱かせないようなデザインを依頼します。



お葬式の祭壇や棺の中を彩る花々

お葬式で使用する装飾壇を祭壇といいますが、仏式では昔の葬列で棺を運ぶために用いた輿をかたどり、寺院建築風の装飾をあしらった白木の祭壇が全盛を誇りました。
現在では、首都圏などで生花祭壇が主流となっていて形も自由に変化しています。
お葬式が小規模化するなか、祭壇は小さくなる傾向です。
高価な花で豪華に飾ってもらうよりは、季節感のある花や故人が好きだった花、あるいは故郷の花をつかったもので、その人らしさを表現することが多いです。
グリーンや枝を多用する等、花の量ではなくデザインの質の高さで選ぶ遺族が増えています。
また、出棺の前に棺の中に入れる別れ花は、通常は式場に飾られていた花を入れやすいように小さく分けて、茎の部分を除いてお盆にのせたものを入れていきます。
故人が好きだった花や色を中心に入れたり、香りのいいものを選ぶことが多いです。



お葬式では焼香と献花どっちを行うのか

お葬式での焼香は故人との告別の儀式として行うもので、一般的には仏式の時に用います。
抹香を使う場合と、線香を使う場合があり、回数や本数などは宗派により異なります。
キリスト教のカトリックでも司祭による献香が古くからあるため、カトリックやルーテル教会では、焼香が認められているところがほとんどです。
そのため、仏教の専売特許ではなくなってきているというのが現状です。
焼香台には儀式の場であることを第一に考え、小さめで上品なアレンジの花を置き、香炉を隠さないようにします。
一方、キリスト教式で一般的なのが献花ですが、お葬式に限らず事故現場などでも死を悼む行為として世界中で行われています。
日本独自の習慣として仏式のお焼香の代わりになる告別行為として始まったもので、現在では仏式でも採用されることがあるほどです。

次の記事へ