≪全国対応≫葬式を営むなら葬式.net

home > お葬式について > 葬式の出棺の時

葬式の出棺の時

告別式が終わると棺が前方に出されます。そしてふたが開けられ、遺族や親戚など近親者が故人との最後の対面をします。
これはお別れの儀と呼ばれています。このときに祭壇の生花の茎を取った花の部分だけは棺の中に入れる風習がありますが、これを別れ花といいます。お葬式を自宅で行った場合、玄関から棺を出すのではなく、縁側など日頃はあまり出入りしていないところから出すというしきたりもありました。これは、人が亡くなるということが非日常的なことで、日常とは逆のことをするということからこうした風習が始まったと言われています。
しかし、現在は住宅の構造上、玄関から運び出すことしかできないことが多く、この風習にこだわる人も減ってきています。

棺の中には、生前故人が好んで使用していたものなどを入れたいという人は多いようです。
しかし、プラスチックや金属のものは火葬炉を傷める心配があり、燃焼時の環境への影響も良くないので、入れないようにします。また、水分の多い果物なども燃焼の効率を下げてしまうため入れないほうが良いでしょう。そう考えると、別れ花もあまりたくさん入れないほうが良いと言われています。お別れの儀が済んで、棺のふたを閉めたら近親者や友人など6人程度で棺を霊柩車に運び入れます。最近は少なくなっているようですが、棺のふたを閉める際、棺に石で釘を打つ釘打ちを行うこともあります。斎場の係員が半分ほど打ち込んだ釘を、家族や近親者が小石でひとり2回ずつとんとんと軽く打ちます。
これは、亡くなった人への未練を断ち切り、別れを告げる意味があるといわれています。

棺を霊柩車に運び入れたら、見送ってくれた人に対して喪主または遺族の代表がお礼として出棺の挨拶をします。
出棺の後は火葬場まで行き、今度こそ本当に最後のお別れとなるため、遺族の悲しみは非常に深いものとなっているでしょう。そのつらさも頂点に達しているはずです。しかし、お葬式に参列してくれた方たちには、自分の言葉で感謝の気持ちを述べることが必要です。言葉は簡潔でも、途中で詰まってしまってもかまいません。気持ちをこめて話すことで、会葬者には充分に伝わります。挨拶のときには遺族全員が会葬者に向かって並び、最後に全員で深く一礼します。出棺がおわると火葬場へ向かいます。遺族、近親者以外で火葬場へ同行したい場合には、車の都合もあるため、出棺の前に早めに申し出ることが必要です。
親族でなくても同行してもらうことは差し支えないようです。