≪全国対応≫葬式を営むなら葬式.net

home > お葬式について > 末期の水は仏式のお葬式だけなのか

末期の水は仏式のお葬式だけなのか

死に水をとるともいわれる末期の水の習慣は、もともとは仏教とのかかわりの深い習慣で、仏式のお葬式のしきたりでもあります。
お釈迦様が死を前にのどの渇きを訴えたとき、弟子のひとりが鉢に浄水をくみ上げ捧げたという逸話を由来としています。
遺族が死者の命がよみがえることを祈りながら、同時にあの世で渇きに苦しめられないようにと願って行われる儀式です。
本来は、仏教にかかわる儀式ですが、宗教を問わず行われることが多くなっています。
病院で用意してくれたガーゼなどを使い、特に疑問を持たずに故人の唇を湿らせている遺族が多いです。
宗教にかかわる儀式と意識しているのは、近年では少数派です。
ただし、臨終に際して聖水などを用意して儀式を行うキリスト教の中でも、とくにカトリックの場合では末期の水をおこなうことはほとんどありません。



お葬式の喪主のあいさつは最後に

身内や親族が故人をあの世に送る宗教的な意味合いが強いのが葬儀で、故人や遺族と親しかった人が故人と最後のお別れをするのが告別式です。
本来、お葬式において、この2つは全く別の儀式でしたが、現代では同じ日に特に休憩をはさむことなく、通してやるのが一般的です。
喪主のあいさつは告別式の最後に行います。
ただし、都心では式の流れもスムーズにするために、お花入れなどの儀式を済ませ、霊柩車に棺をのせてから行うケースが多いです。
あいさつの内容は、参列のお礼と故人の想い出、厚誼のお礼などのメインテーマになります。
故人の想い出は死因や最期のようすを報告してもいいですが、できれば故人の生前を偲べるような内容にして感情的にならないように注意が必要です。
喪主以外が挨拶を行う場合も、立場はあくまでも遺族側なので、参列者へのお礼を忘れないようにします。



生花祭壇以外のお葬式に関わるお花

お葬式の個人化が進み、家族葬は増加し、葬儀は小規模化しています。
祭壇の豪華さよりも、式場全体の葬花で故人らしさを表現する人は増えています。
亡くなった直後、枕飾りあるいは枕花というものがあります。
自宅や斎場の控室などで安置している遺体のそばに小机を置いてから白布をかけ、仏前を整え、花立てにはシキミの枝を一本飾ることが原則です。
しかし、慣習にとらわれなくなった現代では、もう少しにぎやかにという遺族も多いもののの、あくまでも中心は亡くなった人であり、故人との対面での場であるため、こぢんまりとしたデザインで故人が好きだった花などを添えることが多いです。
そして、枕飾りのそばには、枕花を供え、一部の地域では亡くなった連絡を受けた親戚や故人と親しかった友人などが通夜の前日までに贈る花のことになります。
自宅の部屋に置かれることを考えると背丈は高くないものがよく、葬儀社や花屋が葬儀執行の挨拶がてらに届ける花でもあります。

次の記事へ