≪全国対応≫葬式を営むなら葬式.net

home > お葬式について > 搬送やお葬式の依頼を明確に行う

搬送やお葬式の依頼を明確に行う

病院などで亡くなった時には、自宅などへ搬送しなければならず葬儀社に依頼するのが一般的です。
病院から案内されたところに依頼する場合、まずは案内を受けたうえで連絡したことを伝え、搬送だけなのかお葬式もお願いするのかをはっきりと伝えます。
連絡して伝えることは、故人の名前と年齢、性別、死亡した病院、自宅の場合は住所を伝えます。
今どこに故人が安置されているのかは重要な情報なので真っ先に伝えることが大事です。
そして、移送先の電話や住所、連絡者の氏名と故人との関係、死因や解剖が必要かなど遺体の状況を伝えます。
遺族サイドからは到着時間と搬送だけの場合は料金を尋ねておきます。
あらかじめ決めておいた葬儀社があるのなら速やかに連絡を取り、一般的なお葬式にしたいあるいは家族だけで見送りたいなど要望を伝え、葬儀社にきてもらうのが通常です。



葬儀社よりも前にお葬式をする菩提寺に連絡

亡くなった直後はどこに連絡すればいいのか混乱しますが、菩提寺があるケースでは葬儀社よりも先に連絡するのが無難です。
菩提寺によっては出入りの葬儀社が決まっていて、その業者でなければお葬式ができない寺院があるからです。
また、葬儀の日程についても住職の都合が優先されます。
寺院に連絡するときは、まず死亡報告を行い、枕経を依頼するのならその旨を伝えます。
枕経は臨終後に僧侶を迎えて成仏を祈り、枕元で経をあげてもらうことで、正式には必要なしきたりですが、近年ではその習慣も薄らいでいきますので、わからない時は住職に相談することが大事です。
枕経をおこなってもらう場合には、その場でお葬式の日程や戒名の相談などの打ち合わせを行います。
神式やキリスト教式の場合は、仏式の菩提寺にあたる氏神の神社や所属する教会に連絡を入れ、死亡報告をして葬儀を依頼します。



お葬式のお悔みに対する返礼を知っておく

とりあえず自宅に弔問にきてくれた知人やお葬式に参列しにきた会葬者に対し、遺族はマナーにのっとった応対をしなければなりません。
喪主が応対するのが本来の姿ですが、悲しみに打ちひしがれていたり、体調を崩している場合には、遺族がかわってお悔みの返礼を行います。
返礼は長々と述べなくても、ありがとうございますの一言で十分です。
コトバが出ない時には黙礼でも気持ちは伝わります。
返礼の内容は弔問へのお礼がメインですが、とくに故人は生前お世話になっていた相手に対しては、厚誼のお礼を述べるようにします。
さらに親しい相手であるのなら亡くなった時の様子などを伝えたり、故人の想い出なども語り、同じ気持ちを共有するのも大事なことです。
また、喪主は弔問客が帰る時、たとえ、目上の方であっても見送りはしません。
本来、喪主はなるべく故人に付き添っているものなので、代わりに遺族や世話役が見送ります。

次の記事へ