≪全国対応≫葬式を営むなら葬式.net

home > お葬式について

自分らしい自由なお葬式の花演出
最近では仏教式のお葬式でも献花を取り入れていることも多いです。
献花で使用する花には決まりやタブーなどはありません。
故人の好きだった花や色、季節の花などを供えていきます。

進化している新たなスタイルのお葬式の花々
お葬式で遺族や親戚、故人の知人や、仕事関係者などが供える花が供花です。
現在では、生花が主流で、花環や関西ではシキミなどが使われているところもありますが、場所的制約もあって減少の傾向にありま……

お葬式を行う斎場での花の演出を考える
あまりににも突然、亡くなった場合、お葬式の間、無機質な感情になってしまうこともあります。
しかし、そんな人でも棺に入れられる花を見た瞬間に感情がとめどなくあふれてくることも多いです。

末期の水は仏式のお葬式だけなのか
死に水をとるともいわれる末期の水の習慣は、もともとは仏教とのかかわりの深い習慣で、仏式のお葬式のしきたりでもあります。
お釈迦様が死を前にのどの渇きを訴えたとき、弟子のひとりが鉢に浄水をくみ……

搬送やお葬式の依頼を明確に行う
病院などで亡くなった時には、自宅などへ搬送しなければならず葬儀社に依頼するのが一般的です。
病院から案内されたところに依頼する場合、まずは案内を受けたうえで連絡したことを伝え、搬送だけなのか……

葬式での注意ポイントとしてある部分
葬式を行うときに大きなポイントになるのが、料金になります。
この手の儀式はかなりの金額になることがあります。
あくまで見積もりをしてもらうことはできますが葬儀は結構追加料金が多いで……

後々じわじわダメージを受ける葬式のタブー
後々じわじわダメージを受ける葬式のタブーです。
「年上の人間に媚を売る」誰の葬式かにもよりますが、むしろ子供を味方につけることができたら強いかもしれません。
媚を売られた側もおくび……

夫の実家と相談してお葬式をおこなう
夫が亡くなったときに、夫の親や兄弟姉妹が生きているケースでは、故人の意向があったとしても、お葬式に関して妻が勝手に決めてしまうと実家などから怖い形相で義母や親戚のおじさんが飛んできて何で相談してくれな……

葬式の基礎知識を身につけることもポイントです
もしもの時に、葬式の準備を進める必要が出ても、初めてのことなので、何をすればよいのかが分からずに、きちんと学んでおけばよかったと後悔してしまう方もいます。期限までに提出する必要がある書類など、素早く行……

香典返しは葬式の当日に渡すことが多い
いただいたお香典に対してもお礼として贈る品物を香典返しといいます。
本来のお香典の意味は相互扶助にあるとされており、お互いに葬儀の費用を補い合うためのものとなっていました。ですから、本来の意……

葬式の出棺の時
告別式が終わると棺が前方に出されます。そしてふたが開けられ、遺族や親戚など近親者が故人との最後の対面をします。
これはお別れの儀と呼ばれています。このときに祭壇の生花の茎を取った花の部分だけ……

1