オススメの採用支援システムを知る

採用支援のシステムとはASTと呼ばれており、採用管理システムのことを言います。企業で毎年新卒採用試験を行いますが、大きな企業で募集人数や応募人数が多ければ多いだけ、採用決定までの人事科の仕事はとても大きくなっています。そこで、応募受付から採用決定まで、その人が今どの段階にいるのかを一括で管理するシステムです。多くのメーカーや企業が開発しており、多くのサービスが受けられます。現代の就職活動ではインターネットから履歴書やエントリーシートを送り、第一次書類審査を行うことがあります。数多くのエントリーシートから、よりよい人材を選びたいですが、人の目ですべて目を通し、データ化することはとても難しいです。そこでデータを集約し、職種別に分けたり人の手よりもより的確で適切な採用活動を補助してくれます。

新卒だけでなく、中途採用には頼れる経験者がいる

よりよい人材の確保が求められますが、新卒だけではなく中途採用にも力を入れたいです。なぜなら、彼らは同種の仕事であればある程度経験しているので、企業にとって即戦力になります。しかし、どういった経験をしてきているのか、似ている仕事でもどの職場に適切なのかなど把握は難しいですし、人件費がかかります。そこで採用支援のシステムを使うことで、効率的に把握することができ人事面にとって仕事の効率化が期待できます。時間的な短縮で楽になるだけではなく、優秀な人材を雇用することができるというメリットがあります。時間が短縮されるということは人件費がカットされ、このシステムを委託しても十分メリットがあるのではないでしょうか。人材が足りていない現代の職場においてより効率の良い採用活動が求められます。

アルバイトやパートの採用活動のシステムも

正社員だけでもっている会社はほとんどないといっても過言ではないほど、アルバイトやパートの存在も無視できません。採用支援のシステムに多くのアルバイトやパート向けのシステムも導入されているのでしっかり活用していきたいものです。募集人数より、応募人数の方が少ないことが多々あり、困っている企業が多いです。そこで会社のPRをし、人を集めることでより良い人材を得られるようになります。人数の少ない企業では、システム導入にかかるコストの方がかかってしまうこともあるので注意が必要です。多くの部署を抱えていたり、人事部が忙しくなる新学期の時期に少しでも業務が楽になることで、よりよい人材が手に入ることで会社の利益につながります。採用支援のシステムを一度導入することを考えてみてください。