採用支援システムのメリットデメリット教えます

採用支援システムとは、応募者追跡システムという別名がありますが、これは英語でのApplicant Tracking Systemを略してATSの日本語訳となります。具体的には求人管理、情報管理、選考管理、内定者管理を行うことが主な目的となります。求人管理とは職安や仕事あっせん会社への求人の作成、情報管理は応募者の履歴書や情報の管理、選考管理は面接や試験の評価や進捗の管理、内定者管理は内定の通知やフォローとなっています。これらは、前までは表計算ソフトなどで行われていましたし、帳簿などで行われていました。しかし現在、職安でもコンピュータシステムを利用した求人が行われています。また応募者や内定者の情報は個人情報として非常に厳重に管理する必要があり、選考管理を共通のシステムで社内管理することで、行き違いを無くすころができます。これらが役割でありメリットといえます。

採用支援システムのデメリットは何か

どのようなシステムにも言えますが、自社に合わないシステムを利用することで、使い勝手の悪さや、必要のないシステムの無駄、そしてその為にかかる費用という物が、大きなデメリットになります。自社に合わないという点は、その会社では何を大切にしているのかという点です。多くの就職あっせん会社を利用して応募をしている会社であれば、メールによる応募などを自動管理してくれる採用支援システムが必要になりますが、極端な話ですが、縁故など人を介した、より信用できる相手であることを、第三者が保証してくれる人材を求めている場合、そう多くの人が応募に来るわけではないので、進捗状況と個人情報を守る事を第一に考えておくことが大切になります。またシステムを導入した後に、業務をシステム化することも大切で、これを行うことがある意味デメリットともいえます。作業が減るはずなのですが、最初の頃は慣れるために手間がかかることもあります。

採用支援システムだけでは補えないものがある

採用支援システムを使って行えることはデータ管理であって、どのような人材を求め、誰を採用するのかという点は、人が行う以外には難しくなります。もちろん書類選考という点で、ある程度システムを利用することはできるかもしれませんが、文章から出てくる人柄という物や、写真から見た印象という点は、AIが発展していてもまだまだ一般に追いついているとは言い難い点があります。ではこのシステムを使うメリットは、やはり情報の共有と管理そして、処理のスピードアップといえます。人材は宝であり、求職者の中には、将来の顧客となる人材もいる可能性があります。そんな相手の情報が漏えいしたなどの事があってはいけませんし、なにより個人情報保護が叫ばれる今の世の中で、求人者のリストの漏えいが知られれば会社の信用にも関わります。